ブログ

正月に飾るしめ縄やお正月飾り・お正月花

しめ縄の紹介 飾る時期 終う時期 片づける時期 しめ縄の飾る日 アーティフィシャルフラワー 

正月に飾る「しめ縄」や「お正月飾り」「お正月花」

日本人はお正月を大切にする人種です。
しめ縄や門松などのお正月飾りにはいろいろな種類と意味があります。
(飾り方や飾る用途は地域によって多種ございます。)

お正月に飾る「しめ縄」や「お正月飾り」「お正月花」についてよくある質問にお答えします。

 しめ縄の飾る時期は そもそもしめ縄ってなんで飾るの?

お正月花は小さなものからデパートなどで見かける大きなお花までいろいろあります。
飾られる時期はお正月飾りと同じで構いません。贈り物でお正月のお花を贈る際は。
クリスマス終わってすぐに贈るようするのがベストです。
お正月のお花の定番は「松竹梅」「ゆり」「葉ボタン」「千両」「万両」「南天」「菊」「椿」「蘭」等が挙げられます。
どの花を活けてはいけないということはありませんが、例えば「バラ」を組み合わせたいという場合は、「バラ」「松」梅」「菊」などと、お正月らしい花と一緒に生けてあげるとお正月の豪華さが増します。

また、お正月のお花はとても日持ちがするので、他のお正月飾りと一緒に下げてしまうのはもったいなく、小分けにしたり、他のお花を入れたりと形を変えて散るまで飾ってあげるのがベストだと思います。
また、最近ではお正月花を使ったリースをしめ縄がわりに飾られる方も多く、お正月花=居間や玄関ではなくなり、いろいろな形で楽しめます。

しめ縄 アーティフィシャルフラワー ボタン 蘭 梅 梅結び 弓矢

しめ縄リースのご購入はこちら

門松・・最近では集合住宅の人口も増え、門松を置く家も減ってきましたが、会社や自宅の門扉に門松を置くとやはり神聖な気持になります。小さめのものですおいてみることをお勧めします。
そもそも門松とは年神様を迎えりれる「依り代(よりしろ)」と言われています。門松ですがメインは「竹」のイメージも強いのではないでしょうか。
昔は松のみを飾っていたようですが、鎌倉時代あたりから今のような竹などを混ぜ合わさったものになったようです。

「松」「竹」「南天」「うらじろ」などを一緒飾りつけします。
最近では小さな葉ボタンを入れたかわいらしい寄せ植えの門松もあります。
一般的には竹が3本真ん中にあり、竹口寸胴のものと斜めに切れているのが特徴です。
どちらを使われても問題はありません。
竹が斜めに切れている理由は諸説ありますが、徳川家康が唯一敗北した戦い「三方ヶ原の戦い」の最中、武田家(竹)からの挑戦的な手紙に激怒した徳川家康(松平)が怒りのあまり、周りにあるすべての竹を武田家と見立てて刀で切って武田家へ「次はお前の首を切る」という意味の手紙を送り返したのが由来と言われています。

お正月のお花はいつまで飾っていいの?

お正月飾りは一般的に門松は12月13日以降、しめ縄は12月8日以降に飾りますが、最近ではクリスマスが終わった12月25日以降に飾ることが多いです。
ただし、飾るのに適さない日が2日ほどあります。12月29日と12月31日です。
29日は「苦」というわれ、31日は「一夜飾り」といって両日ともに縁起の悪いため、避けましょう。
また、忙しくて31日に飾るしか時間がない!!という方は、31日は避けて1日のお正月に飾っても構いません。
お正月が終わり、しまう時期は、1月15日まで飾っておいて構いませんが、最近では7日の七草がゆを食べた後にしまう人が多いです。
処分の仕方は、二つあります。神社で処分する方法と自宅で処分する方法。
神社で処分するには一般に1月15日に「どんと焼き」に持っていき処分します。
また、近くに焼いてくれる神社がない場合は、自分で燃えるごみとして出してください。(各自治体にご確認ください)。
大きめ野茂は小さく分解し、お清めの塩を振って新聞紙にくるんで処分してください。
よく「このまま保管し来年も使っていいですか?」と聞かれますが、お正月飾りを燃やしたり処分する理由は「神様を天に送り返す」意味を持っています。
環境問題等もありますので、ご自身の判断にお任せいたします。

 お正月のお花やしめ縄の処分方法は?

お正月花は小さなものからデパートなどで見かける大きなお花までいろいろあります。
飾られる時期はお正月飾りと同じで構いません。贈り物でお正月のお花を贈る際は。クリスマス終わってすぐに贈るようするのがベストです。
お正月のお花の定番は「松竹梅」「ゆり」「葉ボタン」「千両」「万両」「南天」「菊」「椿」「蘭」等が挙げられます。
どの花を活けてはいけないということはありませんが、例えば「バラ」を組み合わせたいという場合は、「バラ」「松」梅」「菊」などと、お正月らしい花と一緒に生けてあげるとお正月の豪華さが増します。また、お正月のお花はとても日持ちがするので、他のお正月飾りと一緒に下げてしまうのはもったいなく、小分けにしたり、他のお花を入れたりと形を変えて散るまで飾ってあげるのがベストだと思います。
また、最近ではお正月花を使ったリースをしめ縄がわりに飾られる方も多く、お正月花=居間や玄関ではなくなり、いろいろな形で楽しめます。

プリザーブドフラワー教室に申し込む プリザーブドフラワー通信販売

 

関連記事

最近の記事

おすすめ商品

  1. ミラーアレンジ|プリザーブドフラワー教室&通信販売
  2. まんまるお花ペン|プリザーブドフラワー教室&通信販売
  3. 多肉植物アレンジメント|プリザーブドフラワー教室&通信販売
  4. 「Thank you」フレームアレンジメント
  5. スクエアボックスフラワー|プリザーブドフラワー教室&通信販売
  6. オータムカラーリース
  7. 多肉植物グリーンリース|プリザーブドフラワー教室&通信販売
  8. フラワーケーキアレンジメント|プリザーブドフラワー教室&通信販売
ページ上部へ戻る