ブログ

贈り物プレゼントにプリザーブドフラワーを贈る人気の理由!メリットデメリット

ボックスフラワー プリザーブドフラワー グリーンアレンジメント

 プリザーブドフラワーの保管方法は簡単なのでプレゼント・贈り物に最適

プリザーブドフラワーは生のお花を特殊なアロマ液に漬け、一度花の色を抜き、さらに色を入れなおす工程を経たお花のことです。
保存期間が2年以上あり、約3年ほどは保存状態によりけりですが、美しいままお花を観賞できます。
生花と違い、水やりが不要なので容器の心配や世話の心配がいらず、花粉などによるアレルギーの心配もない、また送付や持ち運びも簡単ので贈られた側も気軽に保管できるため、贈り物として人気です。

アモローサ バラ プリザーブドフラワー てまり ピンポンマム アンティークフレーム

贈り物としてプリザーブドフラワーは人気!病院のお見舞いには特におすすめ

最近の病院のお見舞い花は生花をお断りする病院も増えてきたため、プリザーブドフラワーの贈り物に移行される方も多くなりました。
今や多くの種類のお花がプリザーブドフラワーに加工されて売り出されています。
また、色もますます増え、選択肢が多くなりました。
花瓶があるか心配、お花を維持させるのが大変というお花のイメージをとり払ってくれて」います。

プリザーブドフラワーは永遠にキレイですか

プリザーブドフラワーの保管方法は、「高温多湿」な場所、直射日光を避けて保管してください。
また、大変繊細なものになりますので、花びらを押さえつけたりしないようにしてください。
色を入れていますので、お花の色によってが濃い色から薄い色へ色が移ることがあります。
色が移り行く姿もまた美しいので、年月が経つにつれていろいろな顔を見せるプリザーブドフラワーもお楽しみください。

プリザーブドフラワーの取り扱いの注意点

生のお花ではないので、どちらも「お水」をあげるのは厳禁です。
霧吹きでもおやめください。
そのまま置いておいて数年もちますが、永遠にきれいなものではございません。
もともとは生のお花です。美しく見える状態のリミットはございます。

プリザーブドフラワーのメリットデメリット

プリザーブドフラワーの人気な理由はやはり管理しやすいが一番です。
そのため途中の工程で人の手が入っているため、生のお花に比べ若干お値段がはります。
同じ3,000円のアレンジメントを作ったとしても、生花のほうが見た目は豪華な場合もあります。
しかし、数年美しいまま鑑賞できる、管理が楽、高価なものというイメージがあり、贈られた方はやはり嬉しく、小さめのちょっとしたギフトでさえ喜ばれます。

アレンジの方法が幅広いというのも人気の一つです。
人気のフォトフレームや置き時計はもちろん、最近では、グリーンを多く用いた壁掛けが人気です。
壁掛けですと、小さいお子様がいらっしゃるご家庭に花瓶を置く必要なく、赤ちゃんが口に入れることなく楽しめるため、ギフトに最適です。

ボックスアレンジメント プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー教室に申し込む プリザーブドフラワー通信販売

 

関連記事

最近の記事

おすすめ商品

  1. スクエアボックスフラワー|プリザーブドフラワー教室&通信販売
  2. まんまるお花ペン|プリザーブドフラワー教室&通信販売
  3. ラウンドボックスアレンジメント|プリザーブドフラワー教室&通信販売
  4. レッドリース|プリザーブドフラワー教室&通信販売
  5. フラワーケーキアレンジメント|プリザーブドフラワー教室&通信販売
  6. アンティークフレームボックス|プリザーブドフラワー教室&通信販売
  7. ミラーアレンジ|プリザーブドフラワー教室&通信販売
  8. 多肉植物グリーンリース|プリザーブドフラワー教室&通信販売
ページ上部へ戻る